19:14 2020年04月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
107
でフォローする

日本の通信大手NTTドコモは3月後半から第5世代移動通信方式(5G)を用いた通信サービスを開始する。18日(水)同社公式HPの報道発表資料で明らかになった。

同社の契約者は、新たな通信スタンダードである5Gを3月25日から利用できる。同社では5Gに対応した料金プランを用意し、様々な割引や特典と合わせて最安で月々4,480円から利用できるという。

同じく競合他社のソフトバンクも5Gサービスを提供する予定。ただしソフトバンクのサービスは2日遅れの3月27日から開始される

昨年、日本の総務省は第5世代移動通信方式運用のための周波数割当案を承認した。割当枠を得たのはソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの3大通信業者と楽天モバイルの4社だった。楽天グループは日本最大のインターネットショッピングモール、オンラインチケット販売やホテル予約サービスで知られている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント