15:20 2020年10月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 18
でフォローする

米スペースX社は、次世代宇宙船「スターシップ」試作機の2段目の試験を行った。スターシップ試作機の失敗はこの半年で3度目となる。

米技術系ニュースサイト「ザ・ヴァージ」によると、ロケットは2段目の燃料タンクの1つに液体窒素が注入された後、倒壊。燃料タンクが変形すると、ロケットの機体全体も形を崩し倒壊した。

スペースX社のイーロン・マスクCEOは 、現在同社では失敗の詳細を究明中であり、試験パラメータに誤りがあったかもしれない、としている。

これより前、NASAとスペースXは5月中旬から末までに、ISS(国際宇宙ステーション)に宇宙船「クルードラゴン」で宇宙飛行士を送る計画があることを明らかにした。

関連記事

タグ
火星, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント