00:18 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 90
でフォローする

NASAのハッブル宇宙望遠鏡は今から30年前に宇宙に打ち上げられた。30周年のハッブルの「誕生日」を祝って、NASAは新しい映像を公開した。

ハッブル宇宙望遠鏡から送られた映像には大マゼラン雲の付近に赤い星雲NGC 2014と青い星雲のNGC 2020が見える。

赤い星雲の中心部の光は明るい大型の星が密集していることによるもの。星の大きさはそれぞれが太陽の10倍から20倍もある。青い星雲はたった1つの巨大な星によってできている。星の明度は太陽の実に20万倍。

2019年、ハッブル宇宙望遠鏡は星の死滅するプロセス土星の美しい映像花咲く木に似た銀河などを撮影したほか、最古と思われる銀河を発見している。

関連ニュース

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント