23:59 2020年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

米交流サイト大手フェイスブックは、最大50人が参加できるビデオ通話サービス「メッセンジャールーム」を開始する。新型コロナウイルスにともなう隔離体制やリモートワークのツールとしてZoom(ズーム)に対抗する。フェイスブックのビデオ通話サービスについて、フォーブスと「ザ・ヴァージ」が取り上げている。

「メッセンジャールーム」は最大50人が参加できるビデオ会議システムで、フェイスブックのアカウントを持っていなくても参加が可能。ただしビデオ会議はフェイスブックかメッセンジャーから開始されなくてはならない。この機能は今後、インスタグラム、ワッツアップ(WhatsApp)、ポータルでも使用可能になるという。

「メッセンジャールーム」サービスは当面、少数の参加可能人数から始めていくが、徐々に人数を増やし、最大50人のキャパシティを目指す。

同サービスでは「ルーム」作成者に自動的にリンクが与えられ、そのリンクを使って他の参加者が招待される。またルーム作成者は自身の判断で参加者を削除することができる。

「メッセンジャールーム」は無料で、利用時間の制限はない。

4月4日、ビデオ会議アプリZoomで録画された数千件の動画がオープンソースで視聴可能な状態になって、職場の会議や学校の授業、個人の会話などがユーチューブやVimeoなどの動画プラットフォームにアップロードされた

その後、セイバーセキュリティー企業Cybleはハッカー向けの闇市場フォーラムでオンライン会議用ソフトウエアの「Zoom」のサーバーの50万件を超すアカウントが売買されていることを突きとめた。

現在、Zoomはセキュリティー上の問題に関する批判が多い。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
facebook, 新型コロナウイルス, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント