00:35 2020年05月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米ロスアラモス国立研究所は、新型コロナウイルスの突然変異株の14種を特定。そのうちの1つで、欧州から世界中に蔓延したウイルス株(D614G、いわゆる欧州株)は、武漢株より感染力が強い。この研究結果は、査読前論文公開サイト「BioRxiv」に掲載されている。米CNBCが報じた。

同研究所は、世界中の感染者から採取された新型コロナウイルスのゲノム情報を解析。その結果、ウイルスが宿主の細胞表面に接着するスパイクタンパク質の変異種14株を特定した。その中でも欧州で大きな被害をもたらしたD614Gは、世界で最も優位的なウイルス株になっていることが判明した。

このスパイクタンパク質はワクチンの重要なターゲット。しかし、もし新型コロナウイルスが季節性インフルエンザと違って夏まで蔓延が続けば、変異種が新たに現れる可能性は高い。そのため研究者らは、新たな変異種の出現がワクチン開発に大きな影響を与えることになると警告している。

同研究所の計算生物学者、ベット・コーバー氏は「これは難しいニュースだ」と前置きしつつ、同氏の研究グループがこの論文を発表できたのは、全世界がこのウイルスに対処しようと力を尽くし、変異種のゲノム配列を可能な限り迅速に提供しているからだと指摘。さらに論文で研究者らは、世界中ですでに100種類以上のワクチンの開発が進んでいることにも言及している。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント