16:17 2020年06月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアのAI(人工知能)搭載無人深海探査機「ヴィーチャシ」は、マリアナ海溝底に到達した初の完全自律型探査機となった。高等研究財団がRIAノーヴォスチに語った。

ロシア自律型無人深海探査機「ヴィーチャシ」は戦勝記念日を前にマリアナ海溝底に初潜水を行い、大祖国戦争の勝利記念ペナントを打ち立てた。

高等研究財団では、同海溝で探査をしていた「かいこう(日本)」や「ネレウス(米国)」と異なり、「ヴィーチャシ」は完全な自律型であると強調した。

同財団によると「ヴィーチャシ」はAIを搭載し、独自にルート上の障壁を回避する他、制限空間で出口を見つけるなど他の知的課題を解決するという。

「ヴィーチャシ」の試験は今後も継続される。

「ヴィーチャシ」の2019年の運用開始は2年前に発表されていた

関連ニュース

タグ
テクノ, ロシア, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント