07:12 2020年05月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
126
でフォローする

日本国内で新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」の医療機関への供給が始まった。日テレNEWS24が報じた。

加藤厚生労働大臣が12日朝の会見で明らかにした。「レムデシビル」は米ギリアド・サイエンシズ社が開発したエボラ出血熱の治療薬。新型コロナ感染症の治療薬として今月7日に特例承認され、11日から配送が始まり、すでに一部の医療機関に到着したという。

人工呼吸器などをつけている重症患者を対象としており、供給量については加藤厚労相は「企業側から公表しないことを前提に供給を受けた」と述べ、明らかにしなかった。

また感染の有無を15分程度で確認できる「抗原検査」キットは13日に承認されるという。唾液を使ったPCR検査についても、国立感染症研究所が精度を確認中であり、従来の鼻の奥から粘液を採取するのに比べ、患者や医療従事者の負担が軽減されるため、精度が確認され次第、厚労省は速やかに活用する考えだという。


医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント