09:06 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

新型コロナウイルスに対する抗体の有無を1時間以内で判定できる検査キットがシンガポールで開発された。シンガポール国立大学の新興感染症プログラムを率いるリンファ・ワン氏が記者会見で発表した。ザ・ ストレーツ・タイムズ紙が報じた。

ワン氏によると、検査キットは新型コロナに対する潜在的なワクチンの有効性を評価したり、新たな流行が発生した際の接触追跡なども可能とする。
同氏は「このような検査の実施は、国が厳格な検疫措置を段階的に解除する際にきわめて重要だ」と述べた。

検査キットは新型コロナウイルス感染の有無を1時間以内で判定できる。

新たな検査キットは「cPass」と名付けられた。近いうちにも生産が開始され、その後、シンガポールの病院に供給される。必要に応じて外国にも輸出するという。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント