01:24 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

米Googleは15日、ウェブブラウザ「Chrome」でバッテリーやネットワークデータのリソースを過度に消費する広告をブロックする計画を発表した。今後数ヶ月間でテストを行い、8月末に安定版「Chrome」へ導入するとしている。

Googleは2017年より “Coalition for Better Ads(CBA)”に参加。同団体が定める望ましい広告基準に従い、多くの人が不快と感じる広告の対処を進めている。

その不快な広告の例として挙げられるのが、暗号通貨をマイニングしているもの、プログラムが不十分、ネットワークへの最適化が行われていないなどの理由でリソースを余分に消費させる広告。これらはユーザー側が気づかないうちにバッテリーやデータ通信量を消費させ、ネットワークの速度制限につながりかねない。

Googleは今後、広告が利用可能なリソースを制限。そのしきい値とは、ネットワークデータの4MB、または30 秒ごとの計測時間のうちCPUの使用時間が15秒間、または60秒間。これらの広告は全体の0.3%だが、消費するネットワークデータは全体の27%、CPU使用率の28%を占めるという。

広告がリソース制限を超える場合、ユーザー端末にはエラーページが表示され、「表示予定の広告はリソース制限を超えていたため削除された」と通知されるようになるという。

4月下旬、Googleがビデオ会議アプリ「Meet」の使用料を無料にした。以前は有料の機能を通話これから無料で使えるようになった

関連ニュース

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント