11:44 2020年06月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 05
でフォローする

Appleと米Googleは感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォン向けアプリの技術仕様を公開した。英ガーディアンが報じた。

両社は4月、世界各国の公衆衛生機関による新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援するべく、プライバシーとセキュリティを設計の中心に据えた共同の取り組みを行うと発表。日本を含む世界22カ国と米国の複数の州がこの新システム採用の意向を示し、すでに20日にはこのシステムにアクセスできるようになったという。

そのシステムとは、スマホ内蔵の無線通信技術「ブルートゥース」を使い、近くにいた人の情報を記録するもの。感染者が検査の陽性情報を入力すると、過去の一定期間内に近くで過ごしたスマホの利用者に通知が届くという仕組み。

各国の公衆衛生当局は、この技術をベースに独自の感染通知アプリをiOS向けおよびAndroid向けで開発し、App StoreとGoogle Playで公開する見込み。

両社は今回の新システムについて「このシステムの成功の鍵は、ユーザーがアプリを使ってくれるかどうかにかかっている。この強力なプライバシーの保護が、システム利用を促進させるための最良のアプローチであり、今後も世界各国の公衆衛生機関を支援していく」と発表している。

関連記事

タグ
Google, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント