07:41 2020年10月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 24
でフォローする

韓国当局は、エボラ出血熱の治療薬として開発された「 レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に使用する方針。29日、ロイター通信が報じた。

韓国保健当局はレムデシビルの輸入を要請する方針。ザ・コリア・ヘラルド紙によると、レムデシビルは重症患者に限定して使用されるという。

レンデシビルは、ギリアド・サイエンシズ社が製造したエボラ出血熱の治療薬。

ギリアド・サイエンシズ社は最近、レンデシビルが特に新型コロナウイルスの初期段階の治療でプラスの効果を示したと発表した。

今月1日、米国食品医薬品局(FDA)は、レムデシビルを新型コロナの治療に使用することを許可した

米国政府の予算で行われた研究では、レムデシビルがコロナウイルス患者の回復期間を31%早め、入院期間も15日から11日短縮する結果がみられたという。

その後、日本でもレムデシビルが特例承認された


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント