17:14 2020年08月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ロシアの学者たちは、火星やその他の太陽系の天体で生命を探す新しい方法を開発した。これは天体の表面を宇宙船または着陸機からレーザーによって走査するという方法。国際宇宙空間研究委員会のミハイル・パナシュク副委員長が明らかにした。

パナシュク氏によると、学者らはレーザー光線を照射した後の顕微鏡で見ることができる大きさの生物の蛍光発光に基づいて宇宙空間における微生物の生存率を測定するための方法と機器を開発した。

パナシュク氏によると、蛍光発光の特性に従って生命が存在するかどうかを判断できる。

なお、この方法は地中ではなく地表面の生命の痕跡のみを検出することが可能。

この方法は、2021年から2022年にテストのために特別な衛星が地球軌道へ打ち上げられる際に試されるという。

関連ニュース

タグ
ロシア, 研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント