00:11 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 29
でフォローする

米マイクロソフトは、インターネット上でデジタル分散型IDの作成を可能にし、SNSで利用できる技術のベータ版のテストを開始する。

マイクロソフトは、特にビットコイン(BTC)ブロックチェーンをベースに機能する分散型アイデンティティ(DID)ネットワークの始動を発表した。マイクロソフトのDIDネットワーク「ION」により、ユーザーはデジタルIDを作成することが可能

例えば、SNSのIDなどを作成することができる。システムは分散型であるため、データは企業ではなくユーザーのみに帰属する。

3月、マイクロソフトは身体活動データを用いて仮想通貨をマイニング(採掘)するシステムの特許を取得した。ユーザーは広告の閲覧や運動などに対して仮想通貨の形で報酬を受け取ることができるようになる。

関連ニュース

タグ
テクノ, ビットコイン, Microsoft
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント