00:22 2020年11月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 91
でフォローする

23日、中国はナビゲーションシステム「北斗衛星導航系統」を搭載した35機目の最後の人工衛星の打ち上げに成功した。このシステムにより今後中国は、米国のナビゲーションシステムGPSに頼る必要がなくなる。システム「北斗衛星導航系統」はグローバルカバレッジ機能が装備され、システムの価格は1000万ドル(約11億円)となる。

打ち上げは先週予定されていたが、衛星打上げロケットのトラブルから延期されていた。23日、打ち上げは成功を収め、衛星打上げロケット「長征3号B」は、四川省の西昌衛星発射センターから飛び立った。

北斗衛星導航系統の第3バージョンは、ロシアのシステムGLONASSや欧州のGalileo、米国のGPSに代わる存在となる。

関連ニュース

タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント