04:39 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本の研究チームが、約2万人の健康データをもとに、人工知能(AI)を活用して3年以内に糖尿病や認知症など約20種類の病気にかかる可能性を予測する方法を開発した。

共同通信などの日本メディアによると、弘前大学と京都大学の研究チームは、約20項目の健康診断のデータを入力し、AIを使って病気の発症リスクを予測するシステムを開発した。

同システムでは健康状態、遺伝子情報、生活習慣、悪習慣に関するデータも考慮されるという。

糖尿病、認知症、動脈硬化、高血圧症など約20種類の病気にかかる可能性を予測できる。

研究者らは、事前に予想できば適切な措置を講じ、生活習慣を変えるなどして病気を予防できると考えている。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, 人工知能
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント