15:46 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

新しい研究によると、ブラックホール「J2157」の質量は太陽の340億倍で、毎日太陽1個分の質量が増えている。学術雑誌『王立天文学会月報』 に研究結果が掲載された。

オーストラリア国立大学のクリストファー・オンケン氏の研究チームが発表した新しい研究結果によると、J2157は地球から約130億光年離れており、直径は670天文単位で太陽系全体の数倍の大きさ

オンケン氏はJ2157について、「天の川の中心にあるブラックホールの約8000倍だ」と指摘した。同氏によると、天の川銀河のブラックホールがそれだけの質量を持つためには、天の川銀河全体の3分の2の星を飲み込まなければならないという。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント