13:21 2020年08月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

オーストラリアの栄養士リアーナ・ウォード氏は、夢の体を手に入れ、望む体重を長期間維持できるようにする6つの簡単な習慣について語った。デイリー・メール紙が報じた。

ウォード氏の1つ目のアドバイスは、ストレス、退屈、悲しみにとらわれないようにすること。読書や散歩などの息抜きを見つけることだ。

2つ目は、昼食にサラダまたは野菜を食べたり、野菜のスムージーを飲むこと。

3つ目は、加工食品の摂取頻度を週2回まで減らし、食事にアボカド、未精製オリーブオイル、ナッツを取り入れること。

4つ目は、ゆっくりとよく味わって食事をすること。テレビ、スマホ、雑誌などではなく、食べ物に集中し、よく噛みながら食事をすることが大切だという。ウォード氏は、満腹感を感じるのは食事を始めてから20分後だと指摘している。

5つ目は、できるだけ動くこと。ダイエットの70%が食事によるとものだとしたら、残りの30%は運動。ウォード氏は、毎日1万歩歩くのが望ましいと考えている。仕事中にはできるだけ頻繁に立ち上がる必要があるという。

6つ目は、食前と食事中に水を飲むこと。喉の渇きを空腹感と勘違いすることがよくあるという。ウォード氏は「食前のコップ1杯の水が、食べ過ぎを抑える助けになる」と説明している。

関連ニュース

タグ
ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント