16:26 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

英国とドイツの研究者らは、血中の鉄分を高くも低くもない標準的な水準で維持することが、老化を遅らせる重要な要因であると発表した。研究結果が雑誌『ネイチャー・コミュニケーション』に掲載された。

エディンバラ大学の生物学者らは、ドイツのマックス・プランク老化生物学研究所の研究者らの協力を得て、175万人のサンプルを調査し、多くの場合、血中の鉄代謝に関わる遺伝子が健康で長生きすることに影響するという結論を得た。

血中の鉄分のレベルが高過ぎると健康に過ごせる寿命が短くなる。このレベルのコントロールが老化予防に役立つ可能性がある。研究者の予想では、このことは、老化促進は鉄分が豊富な赤身肉の1日の摂取量に関連していることを裏付けている可能性がある。

研究者らは、将来、この研究結果が、鉄代謝への遺伝子的影響を模造する製剤開発の力となることを期待している。それは、鉄代謝が病気をせずに老齢まで生きるチャンスを高め、成人病の予防手段となるためだ。

関連ニュース

タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント