07:33 2020年10月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (104)
0 30
でフォローする

米国の研究者らは、コーヒーがグループ内の相関関係を向上させることを発見した。この特性は、カフェインを含むコーヒーだけに特有なもの。研究者らの調査結果がサイトEurekAlertで公表された。

 研究者らは、各5人の学生グループを対象に実験を行った。学生らには社会的または政治的なテーマでの共同討議が提起され、討議開始の30分前または5分前にカフェインが含まれるコーヒーを飲むこと、またはコーヒーを飲まず行うことが指示された。

15分の討議後、各グループには自分たちのグループと同じグループのメンバーについて評価が求められた。ディスカッションの30分前にカフェイン入りのコーヒーを飲んだ学生らは、メンバーに対しより好意的であった。

このことから研究者らは、カフェインが人々の相関関係とグループ交流を促進させることを明らかにした。研究者らは、こうした状況は注意力が高まるなかで生じると考えている。参加者が討議を深め、周りの仲間により注意を向けることができた時、共同作業はより良いものとなる。

研究者らはしばしばコーヒーが健康に良いか否かで意見が分かれることがある。いくつかの研究によれば、コーヒーは脳の機能を改善する。また他の研究では、カフェインは不規則な食事による悪影響を抑えることが明らかにされている。一部の研究者らは、コーヒーは同様に、肝臓ガンの発症リスクを下げると指摘している。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (104)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント