18:02 2020年08月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

今から500万⁻1000万年後に東アフリカで起こる地殻変動により、地球に新たな海洋が出現する。米英の研究者の話をもとにNBCニュースが伝えた。

研究者らによると、現在は徐々に距離が広がっているアラビア、ソマリア、アフリカのプレートテクトニクスにより、数百万年後にはアフリカ大陸は2つに分かれるという。

その結果、現在の東アフリカ地域には新たな海洋が形成されるという。これを最初に証明したのが、エチオピアの砂漠に2005年に出現した、長さ約56キロメートルのアファール盆地だ。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校の地球物理専門家、ケン・マクドナルド氏は、数百万年後にアフリカ大陸は2分し、大地溝帯はアデン湾と紅海により冠水すると主張する。その結果、新たな海洋が形成される。

同氏は「東アフリカの一部(ソマリア半島とエチオピアの一部)はそれぞれ小さな大陸となる」と語る。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント