00:24 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「アル・アマル(HOPE)」を搭載した「H-IIA」ロケット42号機が日本時間で7月20日午前6時58分に種子島宇宙センターから打ち上げられた。打ち上げは順調に進み、午前8時頃に「アル・アマル」は分離された。

UAEの「アル・アマル」は火星の大気観測を主な目的とした探査機とされている。

当初、ロケット打ち上げは6月15日に予定されていたものの、連日の天候不良により延期されていた。

「アル・アマル」はアラブ首長国連邦の建国50周年となる2021年2月に火星へ到着する予定。

関連ニュース

タグ
アラブ首長国連邦, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント