04:18 2020年10月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
124
でフォローする

モスクワ市当局は、年内に同市の地下鉄に顔認証システムを導入するために14億ルーブル(約22億円)を拠出する。モスクワ地下鉄の全車両の4分の1にあたる約1500台の車両が同システムに接続され、各車両にそれぞれ8台のカメラが設置される。BBCロシアが報じた。

今年初め、モスクワ市内で顔認証システムが始動した。同システムは、例えば、モスクワ市の新型コロナウイルス対策の隔離措置に違反してゴミを捨てるために外出した人物をつかまえるのに役立った。市内に設置されたカメラがこの人物の顔を「捕らえ」、その2日後に警察がこの人物のもとを訪れて罰金を科した。

モスクワ市のビデオ監視システムは、モスクワ市役所が管理する170の情報システムの1つ。これらの情報システムが一つになって一般的に「スマートシティ」と呼ばれるものを形成している。

すでにビッグデータを活用したシステム(デジタルフットプリント)に基づいてモスクワの地下鉄を利用する乗客の情報を収集するシステムが機能している。同システムにより、乗客の性別、年齢、収入水準、社会的地位、さらには電話番号などの情報を得ることができる。

関連ニュース

タグ
ロシア, モスクワ, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント