17:57 2020年08月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国の学者たちが、乳がんのアグレッシブながん細胞に直接作用し、有毒な副作用なしにがん細胞を殺す薬を開発した。この研究結果がAdvanced Therapeutics誌に掲載された。

米アーカンソー大学の学者たちは開発した薬について、トリプルネガティブ乳がんと呼ばれる最もアグレッシブで致命的な乳がんに対して効果があると主張している。

乳がんの2大原因が特定される
© Fotolia / Dragos Iliescu
この薬はその化学構造に関して新しいクラスのナノ材料に属し、光線力学療法における標的薬物送達を目的としている。

このメソッドの基盤にあるのは非侵襲的なアプローチで、注入された物質が光照射に反応する。なお、物質はがん細胞を殺す活性酸素を生成し、正常細胞への毒性はない。

このメソッドは、化学療法と比べて副作用が大幅に少ない。

学者たちはこのメソッドが、現在トリプルネガティブ乳がん患者の80%が受けている化学療法の放棄につながると考えている。

関連ニュース

タグ
研究, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント