00:07 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
160
でフォローする

デル・エル=バハリの王族の墓で発見され、エジプトでもっとも謎多きミイラの1つとして知られる「叫ぶミイラ」の死の原因が明らかにされた。Ahram Onlineが報じた。

研究者らは、ミイラのCT検査を行い、エジプトの王女が突然死したことを明らかにした。死の原因は冠状動脈の動脈硬化によって生じた心臓発作とされる。

なぜミイラは叫んでいるのか?

研究者らが死亡原因を明らかにしたミイラは、2体ある「叫ぶミイラ」の1体。このミイラの歴史は1881年に始まる。当時、ルクソール市近郊でデル・エル=バハリの王族の秘密の共同墓地が発見された。この地では、21および22代王朝の司祭らが王家の家族のミイラを墓荒らしから守るために隠匿した。

このミイラが「叫ぶ」と呼ばれるのは、不自然によじ曲がった姿勢で埋葬されていたことに由来する。ミイラの頭は横を向き、口が開き、顔は恐怖か痛みのため歪んでいた。

研究者らを指導する著名なエジプト学者のザヒ・ハワス氏によれば、この女性のミイラは突然死したのだという。彼女の身体は死後数時間後に発見されたため、遺体の防腐作業を行った人たちは口を閉じたり、通常の状態に体を戻すことができなかった。

生前この女性がどういう人物であったのかは不明のままとなっている。彼女は王女で、ファラオであるラムセス2世(紀元前1279年~1213年)の娘で王女であったとみられる。

以前、研究者らはCTを利用し、古代エジプトの司祭ネシャムンの声を再現した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント