15:20 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

2021年にリリース予定のアイフォンではスクリーンが一新される。韓国のサイト「ETニュース」が報じた。

情報筋によれば、Apple社はタッチセンサーパネルを優先することから、既存のOLEDパネルの使用を中止する。このことは、フロントパネル・コンポーネントの数量を減らし、アイフォン原価の低額化が実現することを意味する。専門家らは、新しいスマートフォンのディスプレイは、デバイスのサイズに影響を与えるようなかつてない細さになると強調する。

それにも関わらず、報道では、同社はスマートフォンの価格を下げる予定はなく、しかし、アイフォン13が新しいタイプのディスプレイの導入によって高額になることはまずないと予想する。おそらくSamsung社がOLEDパネルの生産を受注することになる。

2020年にApple社は一度にいくつかのアイフォンのバージョンを発表することが予想されている。すべての機器にOLEDパネルが装備され、5Gサポートが提供される。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント