05:10 2020年10月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
151
でフォローする

中国は同国で初の火星着陸を目指す探査機「天問1号」を打ち上げた。新華社通信が伝えている。

火星探査機は現地時間12時41分、海南島の中昌文昌衛星発射センターから「長征5号」ロケットに搭載され、打ち上げられた。

天問1号の火星軌道投入は2021年2月の予定。今回のミッションでは火星の表面、土壌生成、大気および気候条件の特性を調査、また水と生命体の探査が主な目的となる。

関連ニュース

日本のH-IIAロケット打ち上げ成功 UAEの火星探査機を搭載【動画】

NASAのヘリコプター、火星上空を飛行へ

タグ
火星, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント