22:38 2020年08月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシア科学アカデミーシベリア支部細胞学・遺伝学研究所は、同研究所の研究者たちが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しやすく、同ウイルスの治療薬やワクチン実験に適した実験用マウスのゲノム配列を作成したと発表した。

細胞学・遺伝学研究所は「同研究所で、我々がその実施を計画していた改変されたゲノムを持つ最初のマウスたちが生まれた。これらのマウスは、ウイルスの細胞侵入に関係するヒトの遺伝子をゲノムに持っている。このマウスたちは、新型コロナウイルスに感染しやすいマウス系統の『創始者』となる」と発表した。

オス2匹、メス4匹の計6匹のマウスが生まれたという。

5月、細胞学・遺伝学研究所・開発研究室のナリマン・バトゥーリン責任者は、新型コロナウイルス感染症の研究を目的とした遺伝子改変マウスの作製について発表した。同氏は、抗ウイルス薬やワクチンの研究にはたくさんのマウスが必要であるため、体外受精によってオスのマウスは「1000匹のマウスの幸せな父親」になると語った。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント