06:23 2020年12月02日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

土星の北半球に夏が到来した。ハッブル宇宙望遠鏡が太陽系の第6惑星の環境が「暖かい」季節にどのように変化するかをとらえた。

ハッブル宇宙望遠鏡はいくつかの大気の嵐が発生したのを明らかにした。これらの嵐は周期的に発生し、消滅している。北半球の縞状の模様ははっきりと姿を留めているが、他の縞模様は毎年微妙に色が変化している。

​また画像では、北半球上にわずかに赤みを帯びた霧が確認できる。これはおそらく夏季の気温の上昇に関連しており、太陽光が大気の循環を変更し、また大気中のエアゾールから氷が取り除かれるためだと考えられる。

また、この画像では、土星の2つの衛星であるミマス(右)とエンケラドゥス(下)がはっきりと確認できる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント