00:00 2020年12月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (217)
0 04
でフォローする

米国オレゴン州立大学の研究らが南極大陸の海底からメタンの活発な漏洩があることをはじめて発見した。英国王立協会紀要の生物科学分野で論文が紹介された。

研究者らによれば、南極大陸沿岸の海底には大量のメタンガスが存在し、これらは堆積岩の下にある藻類の分解の際に形成がされた。

メタンガスは、地球の生態系への脅威を代表する温室性の高いガス。

研究者らは、危険なガスが海底から噴き出し、大気に到達していると強調。

ガスが噴出する原因は解明されていない。

研究者らは、ガスが大気に到達するだけ、地球上で現代文明の生活が許されない水準まで気温が不可逆的に高まると警告する。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (217)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント