00:22 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

7月30日にロシアのロケット「プロトンMブリーズM」で打ち上げ予定の通信衛星エクスプレス80とエクスプレス103の軌道投入は、史上最長となるほか、「プロトン」ロケットにとって今年唯一の打ち上げとなる。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが26日、打ち上げの詳細について発表した。

ロスコスモスによると、エクスプレス80がプロトンMブリーズMの上段から分離されるのは、打ち上げから17時間59分後、エクスプレス103はそのさらに17分後に分離される。

打ち上げはモスクワ時間7月30日00時27分(日本時間30日06時27分)に予定されている。

通信衛星シリーズ「エクスプレス」は、ロシア及びCIS諸国の複数の周波帯域で通信や放送のサービスを提供することを目的としている。

関連ニュース

タグ
ロシア航空宇宙軍, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント