00:14 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

マイクロソフトは、同社のOS(オペレーティングシステム)Windowsの更新順序を変更する。ニュースサイトZDNetが、マイクロソフト関係者を引用して報じた。

関係者によると、Windowsのグローバルアップデートは年に2回行われ、春にWindows 10Xのアップデートが、秋にWindows 10クラシック版がリリースされる。このようなアプローチにより、マイクロソフト社のプログラマーたちの作業が最適化され、品質管理が向上する。セキュリティのシステムアップデートを含む標準アップデートは定期的にリリースされる。

ZDNetによると、マイクロソフトは秋にWindows 10の大型アップデートを公開、2021年春にWindows 10Xをリリースし、システムアップデートを提供する。

年間サイクルは、マイクロソフトがWindows 10のグローバルアップデートを公開する2021年秋に終了するという。

マイクロソフトは5月末、Windows 10の大型アップデートの提供を開始した。

関連ニュース

タグ
テクノ, Microsoft
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント