18:05 2020年08月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

デジタル・メディア・通信サービスを提供するロシア企業「MTS」は国内初となる5Gモバイル通信サービスを提供するライセンスを取得した。

第5世代移動通信システム(5G)の最初の利用者となるのは法人顧客や大手製造企業だという。5Gにより知能(AI)、IoT、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの技術を、製造現場において設備の遠隔操作や無人輸送拡張、インタラクティブな学習プログラム、新たな品質管理システムの構築などに利用することが可能になる。

近いうちにMTSは5Gを利用した製造企業向けソリューション市場に参入する。

5G商業化はスタート段階にあるものの、Samsung社はすでに6Gの研究準備や開始について7月中旬に発表。同社は6Gを2028年に向けて商業化する狙い。

関連ニュース

タグ
ロシア, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント