09:18 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

米国の宇宙開発企業スペースX社は、超大型ロケット「スターシップ」号の新しいプロトタイプの実験に成功した。このロケットは宇宙空間への宇宙飛行士の輸送を行う。

同ロケットは、高さ150メートルまで上昇し、発射台に着陸することができた。実験は米国のボカチカ村にあるスペースX社の宇宙基地で行われた。

この打ち上げまでに先行した4回の試みは失敗に終わっている。その際、発射までにプロトタイプが爆発したり、倒壊するなどした。スペースX社のイーロン・マスクCEOによれば、今後、同社はわずかなミスを見落とさないため、一連の打ち上げ実験を予定している。

​関連ニュース

日本の星出彰彦宇宙飛行士 2021年打ち上げのクルードラゴンに搭乗予定

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント