17:18 2020年10月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

研究者らが太陽系でもっとも巨大な衝撃によるクレーターを発見した。クレーターは木星の衛星ガニメデで確認され、大きさは7800キロに達する。日本の神戸大学の天文学者らの発見について書かれた記事が科学誌『イカルス』で発表された。

研究者は、最古の地質学的構造をなすガニメデの深い溝は、一連の輪を形成し、それは巨大な物体の衝突によるものと推測される。

研究者らは、木星とその衛星の探査機ガリレオと1979年に探査機ボイジャーが撮影した衛星の一連の画像を分析した。

分析の結果、ガニメデのこの構造は、直径150キロの小惑星の衝突によって生じた可能性がある。この小惑星は秒速約20キロのスピードで星の表面に衝突した。

研究者らによれば、この衝突は約40億年前に発生したと考えられる。

関連ニュース

タグ
発見, 研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント