01:51 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

ペルセウス座流星群を12日から13日にかけての夜に観測することができる。モスクワ・プラネタリウムの広報部が発表した。

「流星雨」は、ペレセウス座から毎年7月17日から8月24日の間に地球に向かって流れ落ちる。ペルセウス座流星群は、スイフト・ タットル彗星の尾部の隕石が地球を通過することで夜空に現れる。 彗星が地球近くを通過するのはわずか135年に1度。しかし、 ペルセウス座流星群は毎年地球の近くを通過する。

国際流星機構(IMO)によると、今年一番の美しさのピークを迎えるのは8月12日から16日の間。1時間あたり最大100個の流星を観測できる可能性があるという。

これより前、チリのヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTがガス星雲NGC2899の画像を受信した

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント