02:17 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

米短文投稿アプリ「ツイッター」は11日、投稿に返信できるユーザーを制限する機能を導入した。NHKが報じている。

ツイッターの発表によると、この機能は投稿のコメント欄での中傷や嫌がらせ行為を防ぎ、投稿者が安心して使えるようにする目的で導入された。

その機能とは、ツイッターユーザーが投稿前に、「全員が返信できる」、「フォローしている人だけが返信可能」、「アカウントで指定した人だけが返信できる」の3つを選択できるというもの。

また、返信が認められていない人も、投稿を閲覧したり、コメントをつけてリツイートや「いいね」はすることはできるという。

SNS上での誹謗中傷は日本のみならず、世界各地で起きている。韓国では女性アイドルのク・ハラさんやソルリさんなどの芸能人がSNSの悪質コメントを苦に自殺したとみられており、日本では女子プロレスラーの木村花さん(22)も5月、同様の理由で自殺したとみられている。

関連記事

タグ
ツイッター
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント