15:16 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

オランダのヘルモント市で電磁波をブロックする住居が登場した。この住居は、デバイスの使用による頭痛や不眠を訴えはじめた敏感な人たち向けに建設された。サイト「Innovation Origins」が報じた。

この住居はブレインポートのスマート地区に建設され、エイントホーフェン工科大学の学生たちがプロジェクトの発案者となった。

学生たちは、実験用サンプルとして小型プレハブ構造を考案。建築家らは、時間の経過の中で外面の状況がどう変化するか観察することを望んでいる。

設計者らは、「私たちは人々にどれほど有害かの研究を行うのではありません。それは医師らが調べることです。私たちは、他の国々ではすでに住居の許容放射量の基準が検討されていることを知っています。騒音レベルのガイドラインが存在するのと同じと言えます。オランダではこうした取り組みはまだされておらず、そのため私たちがこの問題の研究に取り組む準備をしているのです」と語った。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント