14:52 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

腎臓の敵は、塩。ロシアの腎臓専門医のリュドミラ・アルチュヒナ氏が、ラジオ局「モスクワは語る」の放送で語っている。

アルチュヒナ氏は、人々に人気のファストフードや半加工品だけでなく、をふんだんに加えた食品も過剰な塩分摂取につながると警告した。

同氏によると、腎臓は問題が生じても痛みを伴う症状が出ないことが多い。そのため腎臓病患者は、すでに重症の段階で病院に行くことが珍しくないという。

アルチュヒナ氏は、「肉体的な痛みが伴わない時期には、脱力感、倦怠感、歩行時のむくみなどの症状が出ることがありますが、これらの症状は極めて中程度のものです。さらに、塩分の取りすぎで腎動脈の動脈硬化にかかる恐れもあります。腎血管性高血圧を発症する恐れがあるのです。」と説明した。

同氏は、動脈の血圧に問題がある場合は、検査を受ける必要があると指摘している。

関連記事

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント