14:39 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

イタリアとスイスの天文学者らは、天の川には人類が生存できる数万の惑星が隠されていると考えている。研究者らは、今後数十年の間に最低でもそれらのうちの1つが発見されると見込んでいる。研究結果が『米国科学アカデミー紀要』で発表された。

アメデオ・バルビ氏とクラウディオ・グリマルディ氏は、すでに入手した近未来の宇宙研究予想と太陽系外惑星のデータをベースにいくつかのシナリオを用意した。

研究者らによれば、地球から100光年の範囲内で人類の生存に適した惑星が存在しない(銀河を単位にごく僅か)ことは、地球外生命の発見の希望を奪うものではないという。

また天文学者らは、いくつかの宇宙の対象物(たとえば彗星)は、ある星系から別の星系に生命を移動させることができるという事実を考慮さえしなかった。彼らは、こうした場合、銀河の「居住」の密度はさらに高まると確信している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント