18:03 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機が国際ステーションへの食糧物資、機器の運搬任務を終え、大気圏に再突入して燃え尽きた。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

5月21日に打上げられ、8月19日に国際宇宙ステーションのゴミを積載して切り離された「こうのとり」9号機は、同日、燃焼して姿を消した。積載量6トンの「こうのとり」は2009年からステーションへの貨物輸送を行ってきた。

JAXA開発の次の補給機「HTV-X」は来年2021年から運用される。

関連記事

タグ
日本, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント