16:51 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

高解析度の3Dスキャンを利用し、研究者らが古代エジプトの3つの動物のミイラ(蛇と鳥、猫)の分析を行った。研究者らはミイラの解明に取り組み、想定される死亡原因を特定することに成功した。学術誌『サイエンティフィック・リポーツ』が報じた。

ミイラは2000年以上前のもので、英国スウォンジー大学のエジプトセンターのコレクションとして保有されていた。

1 / 4
© 写真 : Swansea University
蛇のミイラ

3D画像での撮影によってミイラの解析度は高く、研究者らは、ミイラの1体が5ヵ月未満の子猫であることを確認した。子猫はおそらく窒息死している、鳥は猛禽類に属し、また、蛇は若いエジプトのアスプコブラだと判明した。蛇の腎臓の損傷跡は、生存期間を通じて脱水症状であったことを示している。蛇は神への生贄として供えられ、骨が砕かれていることから殴打によって死亡している。

古代エジプト人は、猫や蛇、ワニ、犬などをはじめ、動物をミイラ化していた。時には飼い主とともに埋葬されたが、しかし、多くの場合、貢物として捧げられ、その後、司祭が遺骸を防腐しミイラとした。こうして約7000体の動物のミイラが作られたと考えられている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント