09:34 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

英国ブリストル市の航空宇宙メーカー「バーティカル・エアロスペース」が、空飛ぶタクシー「E-Taxi」の開発計画を発表した。76キロの距離を、列車では1時間かかるところを、このタクシーはわずか30分で移動する。モデルのプロトタイプが2021年9月に登場する。ブルームバーグが報じた。

有害廃棄物ゼロの航空機にはパイロットを含め5人まで搭乗できる。

タクシーの最高速度は時速241キロ。航空機のエネルギーはリチウムイオン2次電池(Li-ion電池)に充電されることになる。

​同社のミハエル・チェルベンクCEOによれば、世界中のあらゆる都市で地上の交通機関が非常に混雑していることから、空飛ぶタクシーは交通渋滞の解消に最適と考えられている。

二酸化炭素ガスの廃棄ゼロの航空機は、エコロジーの観点から、航空宇宙分野で注目を集めている。空飛ぶタクシーは欧州航空安全機関による認証を受ける予定で、バーティカル・エアロスペース社の予定では、同社は2024年までに空飛ぶタクシーの料金が、たとえばヘリコプターの飛行よりも手頃なものとなるよう計画している。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント