15:24 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

アメリカ航空宇宙局(NASA)はドローンの最適な通信のためにブロックチェーン技術の利用を開始する。同機関は、そのための研究補助費12万5000ドル(約1300万円)をプロジェクト「SCRAMBL」を推進する開発企業に拠出した。サイト「CoinDesk」が報じた。

同システムはブロックチェーン技術によりコンピューターネットワーク衛星の通信効果を向上させる。プロジェクトの解説では、軽量で適合したアルゴリズムが通信障害の克服を促進すると指摘する。たとえば、ノードの1つが故障した場合、残りが一時的に状況に適用する。

このことが、通信状態の悪い困難な状況下でのNASAのドローンの制御という問題を解決する力となる。

関連記事

タグ
NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント