00:53 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

米国の研究者らは、体内時計に関連する行動と生理作用を規定する多くの内的プロセスは、多くの場合、性別によって規定されることを明らかにした。研究結果が雑誌『サイエンス』に掲載された。

研究は、人間や動物のホルモン研究を伴う作業記憶や注意力、応力、士気、眠気を評価する認知検査を利用して実施された。

研究結果では、女性は一般的に、たとえばシフト交代制労働や頻繁な飛行移動、時間帯の変更といった、仕事上での体内時計の乱れに対してより安定的であることが示された。通常、女性の活動量のピークは午前中に訪れ、休息と活動の活性化の間の差は男性よりも著しく大きい。

男性は、女性と異なり、夕方から深夜の時間帯に大きな労働効率を示し、昼間の状況はより安定的だった。実際、研究者らは、女性と同様に男性は年齢とともに活動のピークが朝方に変化していくと指摘する。

しかし、男女間に見受けられた差異の正確な理由は明らかではなく、研究者らは、女性の概日障害に対するより高い安定性の基本には、「生物学的命令」と呼ばれ、子孫の養育に雌が集中するという特性があると予想している。

関連ニュース

タグ
健康, 科学研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント