02:16 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

サイバーセキュリティ企業「ポジティブ・テクノロジーズ」が行なった調査により、ロシア企業を含む世界のソフトウェア開発企業にスパイ活動や攻撃を行なっている中国のハッカー集団が発見された。

中国発祥のハッカー集団Winntiは、少なくとも2012年から活動している。Winntiの主な活動内容は、独自のマルフェアや複雑な攻撃技術を駆使したスパイ活動。

ポジティブ・テクノロジーズのサイバー脅威調査部門主任、デニス・クフシノフ氏は「Winntiは、ロシア、米国、日本、韓国、ドイツ、モンゴル、ベラルーシ、インド、ブラジルをはじめ世界中の国を攻撃している」とロシアの「コメルサント」紙に語っている。

Winntiの主な攻撃対象は、ゲーム業界、ソフトウェア開発、航空宇宙業界、エネルギー業界、製薬分野、金融業界、通信分野などの組織。

ポジティブ・テクノロジーズは「Winntiの新しいインフラは急速に成長している。150以上の制御サーバーのIPアドレスと、これらのアドレスに関連づけられた少なくとも147のドメインを特定した。Winntiのサーバーの約半分が香港にある(中略)我々はWinntiの活動を追跡しているが、今後数ヶ月間は活動量の低下はないと予測している」と報告した。

関連記事

タグ
ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント