17:54 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
米国でのTikTok禁止 (34)
0 33
でフォローする

中国の短編動画作成・投稿アプリ「ティックトック(Tik Tok)」は、2020年8月に世界で最もダウンロードされたアプリであることがわかった。米モバイルアプリ調査会社「センサー・タワー」が発表した。

ティックトックのダウンロード数は、App StoreとGoogle Playで1位。同アプリの8月のダウンロード数は全世界で6330万回。特にブラジルとインドネシアで最も多くダウンロードされていた。

しかし、ダウンロード数世界第2位のウェブ会議ツールZOOMは、App StoreとGoogle Playで同率2位にはならなかった。同アプリのダウンロード数は、App Storeでは2位だったのに対し、Google Playでは5位にランクインしていた(2位に入っていたのは、ティックトックに似たアプリの「Snack Video」)。Snack Videoが2位につけたのは、インドでティックトックの使用が禁止されたことと、米国でのティックトック排除の動きに関連している。

センサー・タワーの調査により、8月に世界でダウンロード数が多かったアプリ(ゲームアプリ以外)は、ティックトックの他にフェイスブック、インスタグラム、ワッツアップなどであることが明らかになった。

トピック
米国でのTikTok禁止 (34)
タグ
インターネット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント