17:10 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

モバイルOS「Android 11」がスマートフォン向けに利用できるようになったと、オペレーティング・システムのサイトで発表された。

新しいAndroid版では、ユーザー間のメッセージ交換やプライバシー保護の問題、ガジェット管理の制御といった一連の更新がある。今後、ガジェットではメッセンジャーからのチャットのために新しい通知が設定され、それによりブロックされた電話とも通信が可能となる。

同様に、スマートフォンには音声付画面の録画機能が備わる。録音は機器自体の音声も、マイクを通じた音声も両方可能となる。Google関係者によれば、Android 11ベースのスマートフォンはAndroid Autoプラットフォームとワイヤレスで接続される。

OSのサイトでは、同社ではプライバシー保護の設定変更を行ったことを明らかにしている。特に、ユーザーは、どのアプリがカメラやマイク、デバイスの位置にアクセスできるか調整が可能となる。

サイト「TechCrunch」によれば、新しいOSはまずはじめにGoogle Pixel、OnePlus、Xiaomi、Oppo、Realmeといったシリーズのスマートフォンに導入される。今後Android 11は、この数年来にリリースされたほとんどすべての最新スマートフォンでダウンロードできるようになる。

関連ニュース

2021年のアンドロイドスマホは一斉値上げか=予測

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント