15:45 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

研究者らが世界最大のデジタルカメラを使い、ロマネスコキャベツや他のさまざまなキャベツの撮影を試みた。システム起動後のテストとして、大型シノプティック・サーベイ望遠鏡のカメラによって3.2ギガピクセルの画像5枚が撮影された。

大型シノプティック・サーベイ望遠鏡は今年の9月8日にはじめて完成し、テストが行なわれた。

カメラテストの過程では、ロマネスコキャベツや大型シノプティック・サーベイ望遠鏡の作業、同望遠鏡の研究グループ、天文学者カミーユ・フラマリオンのグラビア、プロジェクト参加企業のロゴのコラージュといった画像5枚が撮影された。

写真は150ミクロン方眼のマトリックス画像で撮影された。撮影された写真はマトリックス画像の効果を立証した。

関連ニュース

タグ
写真, 宇宙, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント