15:36 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (34)
0 60
でフォローする

ロシアの腫瘍専門医ロマン・テミコフ氏は、血液がんについて、早期診断は難しいとの見方を示している。同氏は血液がんの初期症状について語った。

テミコフ氏は頭痛やめまい、食欲不振、原因不明の発熱、脱力感や疲労、感染症の頻繁な発症、急激な体重減少などの症状がある場合には検査を受けるよう勧めている。

後期段階では頻脈、体にあざができる、傷が治りにくい、唇や爪が青っぽい色になる、失神、けいれん、発疹、関節や骨の鈍痛などの症状が現れるという。

テミコフ氏は「白血病を早期段階で正しく診断するのは実際に難しい。一般的には、健康診断または患者が別の理由で医師のもとを訪れたときに見つかる」と語っている。ロシアのマスコミが報じた。

関連記事

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (34)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント