21:03 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (215)
0 13
でフォローする

グリーンランドの最大の氷棚79Nのうち110平方キロメートルが複数の大きな氷の塊に割れた。BBCが報じている。

独フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの研究員、ジェニー・トゥルトン氏はこれが起きた理由について、「この地域の気温は1980年から今までに3度上昇している。しかも2019年、2020年と記録的な高温となった」と説明している。

​氷棚N79の大きさは縦80キロ、20キロで今回割れたのは北に突き出した部分。気温と水温の上昇で氷の質は脆くなっており、下部も含め、文字通り多方向から崩壊が始まっている。研究者らはN79の氷はまだこの先10~20年はもつと予想しているものの、この予想もかなり楽観的といえる。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (215)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント